子宮筋腫の手術をためらってきた理由

ネットで検索すると、大きな子宮筋腫があっても、自然妊娠したり、体外受精でも、問題なく妊娠出産できる人もいます。

できれば、お腹が痛くなっても我慢するから、手術をしないで、治療を継続したいというのが本音です。

通常、10センチ以上の大きな子宮筋腫があると生理痛や痛みがあることが多いそうですが、私は生理痛というものを経験したことがありません。

また、半年位前に子宮腺筋症もあると言われました。

これも通常は激しく痛むようですが全く痛みがあります。

よく生理前には下腹部が痛む胸が張るなど症状があると聞きますが、私は胸が貼ったりすることがありますが、生理前とは限らず、生理がいつ来るかの予想が体からは全く分かりません。

痛みがあれば筋腫を取り除く意味があるかもしれませんが、何の症状もないのにお腹を切って逆に100%癒着すると言われている中、癒着で痛くなったりするのが怖いです。

考えると暗くなってしまいます。

すんなり手術できない自分・・・

また、お腹を切るのにも抵抗があります。

腹腔鏡手術を希望しましたが、筋腫の大きさから言って開腹手術しかないとのことでした。

しかも、10センチ以上ある筋腫と取り出すのですから、15センチくらいは切られます。

さらに、妊娠できた場合は確実に帝王切開になるそうですが、筋腫の手術は縦に切られ、帝王切開は横に着られるのでお腹が十文字に傷が付いてしまいます。

旦那は十文字になったお腹を見て、私が精神的なダメージを受け、ショックで受け鬱になったりするのではないかと心配しています。

気分転換にお茶しようとか外に誘ってくれたり・・。

本当優しいなと思い感謝の気持ちでいっぱいになります。

2015-08-01 11.06.03

もちろんお腹を十文字に生きられるのはショックですが、そのために子供を産むのを諦める事は考えられません。

お腹を切ることによって着床する可能性が上がるなら、手術を受ける覚悟があります。
でもやはり、切っても妊娠できないのだったら、切りたくないと思ってしまいます。

もう1つの心配は、一度出血すると血が止まりにくいのではないかという疑いがあることです。

去年、腕に内出血ができ、治ってもまたできて何度も繰り返しました。

病院に行き、血が止まりにくい病気かどうか、検査をしてもらいました。

検査結果は一応、正常値の範囲内でしたが、ギリギリのラインでした。

手術中に血が止まらなくなって、子宮を全摘出されてしまうことになったら、手術を選んだことを後悔してもしきれません。

週一回通う鍼治療の先生は、手術後の体力回復を考えると、私は体力がないため、手術を避けた方が良いのではないかと以前言っていました。

ただ、筋腫がないと子宮周辺の血流が良くなり、着床の手助けになる可能性はあるとのことでした。

これらのリスクを考えて手術をするかしないか、旦那と毎日話し合って、手術するという結論に達するまで1週間かかりました。

それも、不妊治療の先生の後押しがあったからです。とは言っても、卵をいくつか凍結するのに半年以上かかるので、手術はまだ先です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ