基礎体温とは

images 
毎日の基礎体温って大変ですよね。
子供ができない。自然妊娠をめざしているのならなおさら大切です。
でも毎日となると・・・。
もういいか!!とかやめたい!!と思って時に
私は基礎体温の大切さを知ることで続ける活力にしています。
私のような基礎体温が苦痛な方に参考になればと思います。
まず基礎体温は自然妊娠するため、
不妊治療でも大事な一歩です。
産婦人科に行くにも持っていくと話がスムーズに進みます。
(かつて不妊治療の体外受精の大事なときにサボりつけていなくて怒られました。)

Q、基礎体温で何がわかるの?

①子供を作るためのタイミング
②体調
③生理不順を知ることができます。
2つの女性ホルモンがありプロゲスロン(妊娠ホルモン)と、
エストロゲン(健康ホルモン)があります。
この2つのホルモンがリズムが正常どうかを
体温の上がり下がりで見ることができます。
それにより妊娠の有無、病気の原因を特定していくこともできるのです。

Q、普通の体温計と婦人体温計の違い

普通の体温計は36.5度と0.5単位になります。
わきの下で測るのが基本ですよね。
婦人体温計は36.05度と0.05単位まで測れます。
0.1度以下の変化を知りたいために婦人体温計で測ります。
基本、舌の下で測ります。
基礎体温は毎日同じ時間にかかるのが理想です。

Q、記録の仕方

基礎体温では周期の上下の全体の流れを記録することで高温期低温期がわかります。
グラフにするとよいでしょう。
周期を記録できるサイトもあるのでそこで毎日記録するとわかりやすいです。
また人によって基礎体温のグラフはまちまちです。
基本形と違うから排卵していない。
妊娠できないということはないようです。
一ヶ月だけではホルモンのながれをつかむことができないので
地道に毎日計りましょう。
一日くらいかかれない日があってもいいのではないでしょうか。
日々の記録が大事ですからね。
高温期が続き生理がこなければみごと妊娠ですね。
自然妊娠めざしてがんばりましょう!!
サブコンテンツ

このページの先頭へ