生活習慣を改善するとは?

一人目は病院で体外受精をして授かったのに、なぜ病院へ行かずに生活習慣を改善するのか?について、私たちの考えをまとめておきたいと思います。

少し特殊な方法で体外受精をして妊娠したのは事実です。

特殊な管を作って、それで受精した卵子を卵管に戻すものでした。

学会でも発表された新しい方式だったようです。

しかし、どうもそのおかげで妊娠したようには思えなかったというのが本音です。

 

それは・・・なぜか?

私はひどい冷え性で、春でもしもやけができてしまうほどです。

この体外受精を行う前に、この冷え性が原因で着巣しないのではないかということで、小児用バファリンを毎日服用するように出されました。

これを飲んだのは冬だったのですが・・・毎日靴下を履かなければ寝られない状態だったのに、手足が熱くなって布団から手足を出していたいくらい効果の強いものでした。

漢方などでは女性の下腹部の血行が悪いことが原因で妊娠できないという考え方があることを聞いていたので、私の極度の冷え性は絶対に改善する必要があると感じていました。

それが小児用バファリンを毎日服用することで、すぐに改善されてしまったのです。

この時点で今回の体外受精は成功するのではないかという期待が持てていました。

そしてめでたく妊娠となったわけです。

 

こうしたことから、やはり体質改善をする必要があることが良くわかりました。

一人目を生んでから血管が太くなったのか、少しは改善されたのですが・・・

冷え性であることに変わりはありません。

 

そこで病院に通うよりも生活習慣を改善して、自然妊娠を目指そうということになりました。

具体的には下記のようなことを変えていこうとしています。

  • たばこをやめる(※主人です)
  • お酒は週に3回までとする(※主人です)
  • 9時前には就寝して、6時前には起きるようにしています。
  • 朝起きたら500mlの水を飲むようにしています。
  • 朝食は野菜や果物をミキサーに掛けたスムージーを飲むようにしています。
  • お米は玄米を食べるようにしています。

結構すごい生活ですよね。

ちょっと前の自分たちでは考えられないような生活をしています。

友達ににこのことを話すと修行僧のような生活だといわれますが(汗)

本人たちは結構楽しくやってるんですけどね♪

気の持ちようだけですよね。

40歳でも自然妊娠を可能にする習慣

サブコンテンツ

このページの先頭へ